あい死てる.com

とある若手声優ガチ恋女のブログ

推しが世界で世界は推し

おはようございますの人も、こんにちはの人も、こんばんはの人も。今日はわたしが愛してやまない推しの話をします。

 

 

推しは若手声優。仕事は少ない。もっと声が聞きたい。リップ音が上手い。それはもうハチャメチャにうまくて、わたしはそれだけで耳から脳みそがとろとろに溶ける。年はもしかしたら声優業界の中では若い方なのかも。若いといえば若いし、おっさんといえばおっさん、そんな感じ。推しは声優になりたくてバイトしてお金貯めて上京してきた人。これだけでもう応援したくなる。

推しの性格は、ちょっと天然気味かもしれない。あと、すけべを隠さない。そんなだから彼のツイートは某掲示板でキモいとか書き込まれたりしてる。それも分かる。一応いろんな人に見られる声優という職業なのにそんなことツイートする!?って思うことがよくある。むしろ声優とか関係なく人として問題があるようなツイートもたまにある。正直、彼は人間として問題があるかないかで言えばある方だと思う。だけどそこも好き。しょっちゅう「そういうところがだめなんだよお前は〜〜も〜〜好き!!!」ってなる。だめな推しが好きで、可愛くて可愛くて仕方ない。

推しの顔は可愛くてかっこいい。本当に可愛い。性格が可愛いから顔も可愛いに寄ってると思う。推しの一番可愛い表情は笑顔。ちなみにフォロワーに「まってこの推し可愛いんだけど!?」「この推しかっこよすぎない!?」と言うことがよくあるけど、同意を得たことはない。でもそれでいいと思う。世界で推しをこんなに可愛いかっこいいと思っているのはわたしだけでいいし、いろんな人に褒められる人は好きになれない性分です。

推しツイッターはほぼ毎日何かしらのつぶやきがある。すごく嬉しい。彼は140字いっぱいいっぱいに書き込むのが好き。添付画像は一切加工なしのiPhoneカメラ。そういうところが好き。

推しの服はセンスがあるとは言えない。たぶん。そして同じ服ばかり着ている。そういうファッションに気を遣っていないようなところも好き。彼は足が細いのにだぼっとしたズボンばかりで、そこが勿体無いなあと思う。一度だけスキニーを履いている彼を見たけど、それはもう似合っていた。とてもかっこよかった。

推しの声優友達は、共演者数名。プライベートでもよく遊んでいる。声優に詳しい友人に、「有名な人と仲良くなるのも売れる一つの方法」と言われたことがある。確かに人脈の大事な業界なのかもしれない。そう言われて考えてみたものの、彼には中堅、ベテランといった声優との繋がりが全く見えない。仲が良いのは同じような若手の人たち。でも仕事の為に人と仲良くできるほど彼は器用じゃないだろうと思うと愛おしくなってきた。可愛い。

 

 

推し、好きです。わたしが独占欲のようなものを推しに向けている自覚はすごくあります。推しを好きな人のことは好きになれないし、イベントでも「すごく可愛い子が推し目当てに来てたらどうしよう」ってハラハラしている。我ながらアホだなあ。